「最良」の金属3dプリンターが見つかる比較サイト

三角の画像
Home > 金属3Dプリンター情報 > 現在の3dプリンターでは金属よりも樹脂が主流

現在の3dプリンターでは金属よりも樹脂が主流

3dプリンターの歴史は、まだ始まったばかりです。
ですから、自由自在にものの形を再現できるわけではありません。
精度もそれほど高くありませんし、形によっては作りにくいものも出てきます。
思った通りの形を安く作れるようになるまでには、まだまだ時間が必要だと言われています。
現状では、金属を使って造形を進めていくことも非常に難しいとされています。
ですから、硬度の高いものを作ることも難しいです。
現状においては、ほとんどの3dプリンターで樹脂が使われています。
樹脂なら、割と自由にものの形を再現することができます。
柔らかいのでレーザーを使えば造形がしやすく、材料費も安価です。
ただ、やはり金属のように固くはないので、その後何かのパーツに使うということはしないほうがいい場合もあります。
十分な硬度がないと、すぐに壊れてしまいますし、脆いものを使うと危険なことも多いです。



金属造形のスピードにメリットがある3dプリンター

金属造形の制作物を作る時には、かなり時間がかかる事もあります。
特に形状が複雑な制作物などは、それに時間も要する傾向があるのは確かです。
しかし会社には、様々な締め切りの問題があります。
時にはクライアントの要望に合わせるために、一刻も早く制作物を作る局面もある訳です。
ところで急いでいる時には、3dプリンターの活用が推奨されます。
なぜなら、それは制作スピードにメリットがあるからです。
そのプリンターは、従来の製品よりはかなりスピーディーに仕上げられる傾向があります。
従来でしたら完成するまでに1ヶ月前後かかっていた制作物なども、かなり短期間で完了する事も多いです。
プリンターの性能にも左右されますが、数日程度で完成する事もよくあります。
ですから急ぎで金属造形を作りたいと望むならば、3dプリンターが大いに推奨されます。



話を伝えやすい3dプリンターによる金属造形

何かをアピールする時には、イメージが使われる傾向はあります。
例えば、ポスターや画像などの紙媒体はよく使われています。
ところが紙媒体だけでは、なかなか自分の言いたい事が伝わらない場合があります。
それでは、なかなか販促活動が前に進まない事もあります。
売り上げ数字を高めたい企業としては、それでは少々困る訳です。
ところで効果的に自分の言いたい事を伝えたい時には、金属造形を3dプリンターで作ってみることが推奨されます。
なぜなら、制作物を手に取って確認できるからです。
金属造形は、ある意味で模型に近いです。
紙媒体では自分の話がなかなか伝わらない事も多いですが、模型などを提示してみる方が、多彩な表現もできる事もあります。
何よりも、取引先に対して自分の言いたい事を効果的に伝えられるメリットがありますから、3dプリンターの活用が推奨されます。

次の記事へ