「最良」の金属3dプリンターが見つかる比較サイト

三角の画像
Home > 金属3Dプリンター情報 > 3dプリンターを電子ビームで金属に対して使う方法

3dプリンターを電子ビームで金属に対して使う方法

3dプリンターは3次元のものを造形することができるプリンターであり、様々な分野で利用されています。
金属に対して使用することが可能なものも存在していますが、その積層法に電子ビームを利用した方法があります。
この方法は金属の粉末に電子ビームを当てて溶かすという方法だと言われています。
その3dプリンターに採用されている方法としてレーザーを使った方法が挙げられていますが、この方法より高速で出力が大きいとされます。
また一定の温度になるまで熱を加えた後にビームを当てるので、応力が物体に残ることで発生する形状の変化が起こらないという特色も持ちます。
なお、電子ビームは真空でフィラメントを熱して、出された電子を電磁コイルで制御して当てるビームです。
電子ビームによる方法に対応している金属はチタンやインコネルなどが列挙されています。



3dプリンターの金属の強度と今後

3dプリンターの金属の強度はどのくらいなのか気になる方は多いです。
主に材質は4種類あり、鋼、チタン、インコネル、アルミです。
どれも強度については問題なく使用できます。
もともと3dプリンターには強度の強いものが採用されているので問題はありません。
さらに強度と言うよりは試作段階での使用目的や短期間のテストのみに使用されることがほとんどなのであまり強度は気にされる方がほとんどになってきます。
しかしながら今度は航空機や医療分野で使用されることが予定されているので、その場合金属の強度を上げていく必要があります。
金属の強度を上げる方法としては樹脂金型、ダイガスト金型などに変更することにより現在の試作開発段階では現状の疲労強度では十分に合格の範囲であり、対応できる範囲となっています。
この業界は非常に注目されているので注目していてください。



高い再現性を誇る3dプリンターへの金属の活用

金属の原材料を用いて、3dプリンターを利用する流れは本格的になり始めています。
こうした材料を使っても、プリンターで立体的な物質を非常に高い再現率で製造できる可能性が高く、魅力のある機材の一種として捉えられているのではないかと認識されています。
現在はこの材料で3dのプリンターを利用していく現場が多く見受けられているものの、再現性の落ちない点が概ね評価されていると言えるのではないでしょうか。
他の材料と同じく、金属も3dプリンターを介して同じものを作るという段階では、再現率や類似率を高めることができるとみられています。
様々な現場で金属を利用しながら様々なものを再現することが実践されいます。
そのため、再現性が高いという3dプリンターの利点がそのまま反映されるということに関しては、プラスに認識されるでしょう。

次の記事へ