「最良」の金属3dプリンターが見つかる比較サイト

三角の画像

最新技術で製造業のレベルが上がっています

昨今は金属3dプリンターが主流になっています。あらゆる金属に対応できるので、あらゆる製造業の現場で活用されるようになっています。金属3dプリンターを製造・販売している企業は複数あり、製品のパフォーマンスは微妙に異なっています。まずは良質な業者を選ぶことが大切になります。

金属3dプリンターを製造・販売している業者で、どちらを選ばれるか迷われている方はインターネット上の比較情報サイト、口コミサイトなどを閲覧して顧客満足度を調査しましょう。実際に利用している方の意見や感想は大変参考になります。

金属3dプリンターを製造している業者は自社の公式サイトに自社製品やサービスに関する情報を掲載しています。まずは業者のサイトにアクセスし、製品情報を徹底的に集めましょう。サイトを閲覧してご不明な点があれば、遠慮なくスタッフまでお問い合わせください。

SOLIZEProducts

総合評価

利用しやすさ

掲載量

利用満足度

サービス度

 POINT 

  • 金属造型機8台と複数の金属材料での金属3Dプリント受託製造サービス
  • サービスビューローで培ったノウハウで顧客のニーズにあった3Dプリンタの販売及びレンタル
  • 注型や鋳造、切削などを併用しそのまま機能評価試験に使用可能な試験モデルを納入する3Dプリント試作支援

3dプリンターの特許切れに伴って、ゴム素材、石膏素材、樹脂素材からはじまり、だんだんと様々な素材が使用できるようになってきましたが、そんな中で最終製品としての活用が注目されているのが金属3dプリンターです。

この様な現状において、いち早くこの3dプリンターに着目したSOLIZEProductsでは、金属造型機8台と複数の金属材料を用意し、様々なニーズに応じた金属3dプリント受託製造サービスを行っています。

さらに、上述のようなサービスビューローとして培ったノウハウで顧客のニーズにあった3dプリンタの販売及びレンタルサービス事業や、注型や鋳造、切削などを併用しそのまま機能評価試験に使用可能な試験モデルを納入する3Dプリント試作支援などを行っています。

公式サイトはこちら
三角の画像

J・3D

総合評価

利用しやすさ

掲載量

利用満足度

サービス度

 POINT 

  • 金属3Dプリンター、樹脂3Dプリンターを用いた3Dプリンター受託造形サービスを提供
  • スキャニングからリバースエンジニアリングまでのサービスを提供
  • 二次元図面からの3Dモデル製作サービスを提供

近年、企業においてはデジタル3dデータをもとに3dプリンターで製品試作から少量部品生産を行うようになってきました。そんな中、株式会社J・3Dは金属3dプリンターた樹脂3dプリンターの受託造詣出力サービスを行っている会社です。

また、J・3Dでは非接触光学式3次元デジタイザを用いてスキャンニングからリバースエンジニアリングまでのサービスを行っているので、急に破損した手に入りにくい部品が必要で困っている方の相談にものってもらうことが出来ます。

二次元図面からの3dモデル製作の依頼も受け付けてくれます。モデリングへの変換業務や設備・製品の設計・開発の際に技術者が足りないという場合、さらに納期で困っている場合なども柔軟に対応してもらえます。

公式サイトはこちら
三角の画像

白銅

総合評価

利用しやすさ

掲載量

利用満足度

サービス度

 POINT 

  • 4,000点以上の取り扱い商品の豊富さ
  • 1グラムからの小口のお客様への細やかな対応
  • 最新鋭の設備や機器を使った確かな技術の提供

戦前に創業された老舗企業の、白銅株式会社は、非鉄金属、鋼、プラスチック材料の専門商社です。こちらの注目すべきサービスは、金属3Dプリンター造形サービスです。何がメリットなのかと言いますと、幅広い金属素材を扱い、金属の特性や用途を熟知しているからこその専門知識で信頼を得ています。それから、最新鋭の機器を使い、高いレベルの造形ニーズに応えてくれます。また従来のものに加えた、計五種の鋼に対応しています。

そして、素早い迅速な見積もりに対応していて、価格に関しても、独自の価格算出方法にて、お客様の納得を得ているそうです。一品からの注文も適正に査定して頂けるとのことです。量産時への対応も、国内を始め、海外のネットワークを駆使した機械の加工、必要に応じた対応を可能にしています。

それでは企業自体の強みと言えば、どんなことなのでしょうか。まずは豊富な商品のラインナップです。アルミや伸銅などの非鉄金属を中心に、ステンレスやチタン、特殊鋼材やプラスチックなど、4,400点もの豊富な商品が用意されていることです。これは大きな強みです。次に、小口への細やかな対応です。1つ1つ、1グラムから、5×5の大きさから指定の寸法で加工して頂けるそうです。小さなところにも手が届くと言うことは、老舗ならではの対応ではないでしょうか。最後は、3dプリンターはもちろんのこと、高度な加工技術になります。高精度なフライス加工などの最新鋭の設備・機器を整えており、確かな技術を提供しているとのことです。最終的には、技術の面が大切になることでしょう。白銅株式会社は、安心して注文することが出来そうですね。

公式サイトはこちら
三角の画像

Matsuura Machinery

総合評価

利用しやすさ

掲載量

利用満足度

サービス度

 POINT 

  • 世界中のあらゆる産業分野で貢献しており、高い信頼性があります。
  • 安定した品質、最新加工アプリケーション、アフターサービスなど、 お客様から高い評価を頂いています。
  • 豊かな地球環境実現のために、環境配慮の生産活動、労働安全衛生に取り組んでおります。

Matsuura Machineryは創業1935年以来モノづくりでオンリーワン技術に挑戦し続けてきたプロ集団です。 今回、ご紹介したい商品はハイブリッド金属 3dプリンター新型LUMEX Avance-25です。その特長3点ご紹介します。 一つ目に金型の常識が変わります。複雑な金型も一体造形。金型を分割する必要がなくなり、組み立てや調整も不要。組み付けによる誤差のない金型が可能となります。

二つ目に金型制作時間が大幅に短縮します。金型を分割することなく一体加工できるため、放電加工や組み立て・調整作業が不要。設計やCAM処理時間も大幅に短縮できます。従来加工法と比べてトータル38%の時間削減しました。

3つ目に造形機能です。冷却用の三次元水管を自由に配置でき、内部にメッシュ構造や中空ブレードを入れ、軽量化した部品製作が行えます。切削を同時に行えるのでアンダーカット部の処理など表面加工も可能です。

公式サイトはこちら
三角の画像

システムクリエイト

総合評価

利用しやすさ

掲載量

利用満足度

サービス度

 POINT 

  • 金属の切削加工や切断加工を行ってくれます。
  • 3dプリンターを活用することが出来ます。
  • ソフトウェアのサービスサポートも充実しています。

機械設備などに必要なパーツを自由に加工したい方にとってシステムクリエイトはとても強い味方です。金属切削機や金属加工機を使用して様々なパーツを作ったり、加工したりすることをシステムクリエイトは対応してくれます。

システムクリエイトでは最新の3dプリンターを使用して試作品などを作成することにも力を貸してくれます。3dプリンターを使用する際の使用に関するフォローや、使用に必要なCADなどのソフトウェアの使用にも的確なサポートを行ってくれます。

システムクリエイトでは各種測定機器も用意しています。3dプリンター等で作成したパーツや試作品の精度をきちんと測定することも可能です。システムクリエイトでは技術的な相談にもきちんと応じてくれるのでとても頼りになります。

公式サイトはこちら
三角の画像

日本電子

総合評価

利用しやすさ

掲載量

利用満足度

サービス度

 POINT 

  • 日本電子の製品は人気になっている
  • 金属3dプリンターのことであれば
  • 金属を加工するのであればこの製品がある

日本電子の3dプリンターは、多くの現場で利用されています。金属加工をするならこの製品が最適です。日本電子の製品なら迅速に加工をすることが出来ます。複雑な設計でも、加工することが可能です。また費用が高くないという点なども魅力です。

こうした製品を利用することによって、複雑な設計のものでも、大量に量産することが出来ます。ビジネスで利用するなら、大量の製品を量産することが出来ることは重要です。作業の効率化を促進してくれる製品として、人気を集めています。

実際に、利用するということならきちんとした製品を購入することが大事です。日本電子の製品は、高い技術レベルがあると評価されています。最先端技術に関しても高いレベルのものを提供しています。繊細なプリントが必要となる製品の場合にも、対応しています。人気がある3dプリンターとなっています。

公式サイトはこちら
三角の画像

3dプリンターで金属製品を作る

3dプリンターで金属製品を作ることが可能になっています。以前は石膏などで作り、その上から塗料を塗布して完成させることが多かったです。そのほうがコストを抑えることもできます。
プリンターの負担も軽減させることができるようになっているので、利用の頻度も高めることが出来るようになりました。実際に製品を作成する前に3dプリンターで試作品のような形で作ることにより、実際に発注をする際に訂正をするのかどうか、ということも考えることができるようになりました。
3dプリンターが販売されたばかりの頃は金属製品をプリントアウトすることも考えることができませんでしたが、今は技術もどんどん高くなっているので、可能になりました。特殊な部署や企業でのみ導入されているかもしれませんが、今後は幅広く使われるようになるでしょう。


3dプリンターで金属の造形ができる事実と仕組み

3dプリンターは立体のものを造形する上で役に立つ機械であり、フィギュアなどを作ることが可能です。ただ、金属の素材を使って形作ることができるプリンターが出てくるようになり、自動車関連などの業界で採用されています。3dプリンターで金属の製品を作ってもらえるサービスも存在していて、機器を持っていなくても入手できる点で有益だと言えます。
どのようにして立体のものを作るのかというと、粉末積層造形方式と呼ばれる方法で作っていると言われています。この方法は粉状になっている金属に対してレーザーを当てるという方法を指します。
詳しく言えば、粉末を平らに敷いて、レーザーによる熱で溶かし造形するもので、一つ目の層が完成したら次の層の造形に取り掛かります。以上のプロセスを繰り返して立体を造形するという仕組みになっているという訳です。


3dプリンターで金属を吹きつける

企業の中には3dプリンターを利用するところが増えてきました。発売されたばかりの頃は高額すぎて本当に利用をする頻度が高い企業でしか導入をすることができませんでした。
しかし今では多くの企業で気軽に利用をすることが出来るようになっています。金属も塗布をすることが出来るようになっています。サンプル品などを製作をする際にとても便利です。実際に同じ過程で作る場合には莫大なコストがかかってしまうことがあります。サンプル品であれば、3dプリンターで対応をすることによってコストを抑えることが出来るようになっています。
金属を吹き付ける技術も今は進歩をしているので、かなり精密なものを作ることが出来るようになりました。他にも技術が進歩をすれば今後、様々なものを立体的にプリントアウトをすることが出来るようになるでしょう。